早漏の種類は、大まかに分ける3種類となります。

1.挿入後、短時間(数秒~1分など)で射精をする
2.セックス中に10回もピストン運動をしていないのに射精する
3.射精を止めることができない(コントロール不能)

早漏の種類で、どれが基準とは言えません。

たとえ2分であっても、女性がオーガズムを感じた時や後に
きちんと射精ができれば、早漏とはいえないからです。

言い換えると、「早漏」に基準はなく、
女性の満足度で決まると言えます。


射精が早い人は次のような特徴があります。
・射精をコントロールできない
・包茎
・女性から「小さい」などと言われ、精神的コンプレックスがある
・早く射精してはいけないと思い込むほど射精が早くなる


また、自律神経のバランスが乱れているから起こっている場合もあり、
交感神経が射精をして良いという合図を出す前に射精してしまい、
結果的に早漏を引き起こすこともあります。

ストレス社会だからこそ、自律神経の乱れから射精が早くなっている
ということもあり得る話なのです。


早漏コンプレックスはあなた自身で改善できます。