早漏だと落ち込む前に、

射精をせずに持続力を増やす方法を考えましょう。


コンドームをつけていないのであれば、

つけるだけでも持続力はアップします。

二枚つけたらという話もありますが、

破れる危険があるのでおすすめできません。

厚めのもので早漏防止をしましょう。


また、敏感な亀頭をトレーニングすることも効果的です。

自分の体のことは自分が一番知っているので、

早漏の持続力を増やすためには、

オナニーで自分の弱点を知ることも大切です。


オナニーでは、射精前に止めて、再開する。

これを繰り返して、最後に射精する。


オナニーで早く射精する習慣の人は、体が覚えています。

気持ち良いと感じた瞬間、脳は射精信号を送ってしまいます。

オナニーは、射精をコントロールするためのトレーニングです。


射精コントロールができれば、早漏の持続力を増やせるだけではなく、

自分の弱点を知り、射精しそうなレベルがわかるので、

セックスを意識的にコントロールできるようになります。


つまり早漏を改善することができます。



早漏だからモテないと思っていませんか?