早漏を克服する話はたくさんありますが、

すべてが真実とは言えません。


例えば、お湯とお水に交互に入れて鍛えるという、

有名な話もありますが、

早漏克服どころかEDになりやすいとも言われています。


また、多くの早漏防止グッズがありますが、

その効果は明確ではありません。


病は気からと同じで、使っているという安心感から、

早漏が改善されたように感じることもあります。


ジェルなどは自分だけではなく、相手に対して影響すると、

相手が不感症のように感じにくくなることも考えられます。


早漏の原因の多くは、

自分の心や脳から起きることが多いのです。


ストレス、不安、緊張感から、ブレーキがきかなくなれば、

アクセル全開で射精までいってしまいます。


早漏を気にすればするほど、脳は意識してしまいます。

無意識でも脳が命令を送れば、悪循環になってしまいます。


病院のカウンセリングで相談しただけで早漏が改善された、

というのは、意識が関係していることの証明です。



人の話を鵜呑みにするのは危険です。

正しい情報で早漏改善を目指しましょう。