仕事のストレスからくる緊張は、早漏の原因のひとつとなります。


若い時は、不慣れや不安が早漏の原因になることもありますが、

それなりにセックス経験あるひとでも、早漏になることがあります。


その原因はストレスで、射精するスピードが速くなります。


仕事が忙しく、いつも仕事の事を考えていると、

脳のオンとオフが調整できません。

その結果、仕事のストレスから常に緊張状態になり、

早漏になってしまうことがあります。


射精のコントロールができていたのに、急にできなくなった人は、

交感神経と副交感神経のバランスが悪くなっています。

緊張状態が続けば、早漏になってしまいます。


ストレスをためないことと、精神的に強くなることで、
早漏を解消していくことが可能です。


自分の思い通りに、射精コントロールができるようになりましょう!