早漏をコントロールするめには、

射精をコントロールする必要があります。


家族がいるから早く射精するとか、

ただ、射精したいだけとか、

こんなオナニーで早漏になることもあります。


射精のコントロールができずに、パートナーが不満になれば、

最悪、浮気されたりする可能性もあります。


それだけではなく、そのトラウマから不安感が増大し、

余計にコントロール不能に陥ることがあります。


しかし、最近では早漏を防止するスプレーもあれば、

パートナーと一緒に早漏を克服する方法もあります。


射精をコントロールするには、まずは自分で止めること。


パートナーの協力も必要ですが、

射精しそうになった時に、自分で止めることから始めます。


また、あまり考えすぎないことが基本です。


体調やストレス、緊張感や不安などいろいろなことがあって、

思うようにコントロールができないこともあります。


病院で薬物療法によって改善もできますので、

前向きの早漏コントロールも大切です。