日本人男性の50%くらいは、

自分は早漏だと思っているそうです。


その思い込みが、

自分を早漏にしているということに気づいていません。


早漏は自分の気持ち、精神面が大きく関わってきます。


性交時の不安や、トラウマなどもありますが、

AVや雑誌の影響、先入観や聞いた話などで、

自分で勝手に比較してしまうことがあります。


誰にでも体調があり、

毎回、同じ時間で射精をすることはありません。

早漏で悩む時間を減らすことが、早漏の改善になります。


パートナーや病院に相談するのは勇気が必要ですが、

隠していることで、更に悪影響を与えることもあります。


早漏予防スプレーを使ったり、パートナーの協力で、

安心感がうまれることもあります。


悩む時間があれば、パートナーを悦ばせる方法を考えて下さい。

そうすれば、早漏克服とパートナーの満足を得ることができるでしょう。



あなたは、早漏を克服する方法があるのを知っていますか?