新入社員が選ぶ超イカした薄毛10選

Pocket

薄毛を扱う通販サイト

Welcome to my blog!ようこそお越しくださいましたこんな興味深い記事がありました!英動物園、サルの餌にバナナ禁止から 一部抜粋”人間の食用に甘さを強めたバナナは野生のバナナに比べて高カロリーで糖分が多い。そのため糖尿病になる恐れがあるほか虫歯の原因にもなるという。​​​​​​ 中略(バナナ禁止の)その結果、サルたちには目に見えて変化が現れた。毛皮が厚くなって状態も良くなったほか、タマリンやマーモセットといった小型のサルは攻撃性が薄れて群れが落ち着いたという。バナナを恋しがる様子は見られないと広報は話している。”バナナで虫歯になったことがあります 恥ずかしい甘いものをやめれば薄毛がなおるかなあ砂糖中毒切れの低血糖は若者のキレる原因だとか白砂糖の弊害と理想の糖類 「キレる人たちの増加との関係」糖質制限で1 糖尿病もガンも治る 2 食後眠くならない、寝起きがスッキリ3 脂肪がつきにくい、太らない4 お腹が空きにくくなる    5 頭が頭が冴える6 動脈硬化や心臓疾患にならない7 血糖がたんぱく質に取りついて作られる「終末糖化産物」AGEができない 8 肌のハリや弾力を損ねずシミシワを作りにくい9 髪質・肌質が良くなる   10 体が軽く感じる私達が 健康になることに もう迷いはない  誰にも止められませんBGMをどうぞStarship – Nothing’s Gonna Stop Us Now (Official Music Video)意見が真っ二つ正反対の「糖質制限」論争  糖質過剰が病気や肥満の原因vs低糖質は危険
今日はこの本にそってのお話です宗田哲男著「甘いもの中毒私たちを蝕む「マイルドドラッグ」の正体」 甘いもの中毒 私たちを蝕む「マイルドドラッグ」の正体 (朝日新書) 842円 Amazon 「砂糖をやめれば10歳若返る」の著者白澤卓二氏はヘロイン、覚醒剤など魔薬を          ハードドラッグマリファナやタバコ、アルコールを       ソフトドラッグ砂糖、パン、米などを           ”マイルドドラッグ”と分類していますドクター宗田は薬を使わず糖質制限食で成果を上げている妊娠糖尿病の専門産婦人科医師です。Dr.は正反対の反論に対して非常にソフトに批判・否定をされていますが私は はっきりと「糖質制限に対する反論」は 悪魔的な嘘・偽情報操作にだまされた盲目論であると断じます。飢えや寒さを耐え凌ぐため冬の食糧難に備え→糖質大量摂取し体脂肪化して蓄える冬場に少しずつ脂肪酸分解ケトン体エネルギー化する、近代化以前の体が覚えた食習慣の 必要性はもうありません肥えているより  スタイルの良い女性の方が好まれます!「バレるとお家の一大事でござるぞ」「へい、町人どもは みんな ちょろいもんです、うまくダマしましたからご安心を、お代官様」「おぬしもワルよのう」「いえいえ、お代官様ほどでは」Webで「糖質制限」を検索すると「低糖質(低炭水化物)は危険」という見出しが氾濫これ、偽プロパガンタ(他の原因で起きたかのように見せかける広報活動)(false propaganda)病気の原因が  他のものにあると見せかける偽宣伝!病人大量産生・医薬品大量販売ビジネスの戦略「低糖質に対する4つの反論」典型的な反論(糖質に制限対する偽宣伝)①「低血糖は命の危険」② 脳を動かすエネルギーは100%『糖』③ケトアシドーシス(酸性化)④筋肉量が減る以下この4つを切り捨てます反論①「低血糖は命の危険」 というウソ危険論者は糖質制限は命の危険すらあると論じる。
しかし「命に関わる低血糖」はインスリン過剰投与の薬害で起こります!糖質制限なしのインスリン治療法はインスリン過剰  の危険があり    低血糖の危険  をいつも抱えています。つまり「低血糖の危険」の正体は=糖尿病インスリン治療法の危険糖質制限を続けるとケトン体体質になり空腹時には血糖値35くらいまで下がることがあるが、脂肪酸を分解したケトン体が代わりのエネルギーになっているので気を失うようなことはありません!意識障害など「薬剤インスリン由来」の薬害「低血糖症」を糖質制限の「低糖質」を連想させるように、すり替えた偽宣伝なのです!また、砂糖の過剰摂取などによるインスリン分泌異常で、一時的に低血糖症の中毒症状になり、興奮攻撃ホルモンが分泌され キレやすくなる。糖質過多のためケトン体エネルギー回路スイッチはOFF
反論② 「脳を動かすエネルギーは100%『糖』」という嘘脳を安定して働かせられる食事とは(上) 大阪大学名誉教授・関西学院 産業医 杉田 義郎から『「脳はブドウ糖を唯一のエネルギー源にしている」ということが栄養学的に正しいのかについて解説しなくてはなりません。結論的に言うと「脳は ブドウ糖以外にも 乳酸やケトン体を   エネルギー源にしている」が正解です。むしろ、乳酸やケトン体という物質を積極的に利用しているときの方が脳は冴えているとさえいえるのです。』引用おわり
常識化した「脳の栄養は糖だけ説」は真実をネジ曲げた捏造広報ですDr.宗田は「私たちは糖質を食べる必要がない」とおっしゃっておられます一般の医師や学者先生方が異口同音に脳のエネルギーはブドウ糖だけと口をそろえるのは嘘の学術論文によって後述彼らも洗脳されているからです。
③ケトアシドーシスのウソ
ケトがついているのでケトン体が酸性(アシドーシス)の原因物質のように思われますが、糖尿病患者のように血糖値が高い人に現れます。(糖が酸性化の原因)高血糖をエネルギーに変えることができなくなるため、代わりのエネルギー源としてケトン体が緊急出動するわけです 
ケトン体がアシドーシスと無関係な証拠に標準値125~130μmol以下であるのに胎盤やつわりで食事ができない妊婦のケトン体値が3000μmolで新生児240μmolです。
これも正しくは糖尿病アシドーシスと呼ぶべきものです。
④筋肉量が減るのウソ運動なしの「食事制限」なら筋肉は落ちてきますが、糖質制限をすると脂質(カロリー2倍)とタンパク質(同カロリー)の摂取量が逆に増えるのでカロリー摂取量は変わらない。ブドウ糖はタンパク質からも作られますし(糖新生)タンパク質アミノ酸プロテインがないと筋肉作れない(笑)

エネルギー源として貯蔵できる量が 糖質はグリコーゲンの形で200-400gだけ
 たった半日しか持たない! 糖質切れしないよう1日3食を勧める 脂肪の貯蔵量は 10Kg! なんと1カ月間分のエネルギー量つまりは「食事制限カロリー制限」と「糖質制限を」混同させようとしている偽りの反論・偽宣伝は、「危険だ」などと不安や怖れをもたせるものです。
過剰摂取に害がない むしろ体に良いという反論ではない!=害が大きいことを間接的に認めている糖質離れさ
ては困る何かがある!
偽宣伝トリックを見破るにはどうするの不安を煽る「恐怖感」で、思考を停止させて、役所や、学者、マスコミという権威を盲信させることで誘導操作します!
まるで 糖質愛好仲良しクラブを脱会すれば「神の恐ろしい罰を受けますよ!」という新興宗教の脅しと同じだね!
研究学術論文自体が名前だけ借りた闇のお抱えゴーストライターの捏造論文で、メガファーマ=反社会勢力が乗っ取った巨大○薬品会社の傘下の医学誌に載せられる!(よみがえれ、若さと健康美! 隠されたカラクリ食用油の危険性に詳述)乗っ取った犯罪者マフィアの犯行の特徴はいつもステルス(隠密・こっそり行う)!!なので  一般の医師や学者の意見は当てになりません。自分で検証、実験もせず、医学誌の学術論文を考えず検証せず丸ごと 信じて 鵜呑みにしているからです。本当はこういう人たちが最初に気づくべきなのですが・・特にガンや糖尿病のお医者さん学者さんたち〜 猛反省!     
実は糖尿病には欧米のガイドラインでは第一選択薬のメトホルミンやSGLT2のような画期的な薬があるのですが、ずーっと、ながーい間 高価な医療費をキープできる、患者が悪いまま維持するインスリン療法が日本の主流です。インスリン過剰は活性酸素を異常発生させる「合併症の原因」 糖質制限阻止の目的は「インスリン」大量販売継続、利権の保護拡大のための偽プロパガンタ、偽広報活動ですよね闇の越後屋さん やっぱりね「チッ、バレたか」 勝負あった! 軍配 「糖質制限」 の勝ち〜 また医者と役人が異口同音に言う「60%炭水化物(多糖類)を取りましょう」は実は何の医学的根拠もない! 指針とされたものはマクガバンレポート(米国会上院議員調査報告書)の1977年に発表された、アメリカ人の食事による改善方法「炭水化物60%必要最適説」(結果的に最低最悪の提案)=炭水化物主食説詐欺は 医薬品大量販売のために仕掛けられた?!縄文人の食生活との比較魚や小型獣、鳥、貝類のタンパク質・脂質が 58%クルミ、ドングリなどが残り 42%を占めていました。
そのクルミの栄養素は 脂質とタンパク質が8割で 炭水化物はわずか2割。全体で糖質は1割程度!人体構成成分水を飲むのを忘れたらダメ!水分補給の重要性から ・水分:60~70%・タンパク質15~20%・脂肪:15%・ビタミン、ミネラル4%・糖質0.1~1%糖質は非必須栄養素、なくてもいい?余談糖尿病を克服し『おやじダイエット部の奇跡』などの著書があり、“糖質制限ダイエットの伝道師”として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹氏が急死していた(享年62)。死因は心不全で、滞在中のホテルのベッドで倒れていたという。心臓マヒの原因を糖質制限と結びつけようとするのは、完全に間違い。カフェインの取りすぎでも、ビタミンB群の不足でも起こる糖質やプーファの摂りすぎが心臓疾患の主な原因です。
また うがった見方をすれば闇の勢力に「ハンド」というコードネームのCIAの開発した暗殺薬でやられた可能性も否定できない。心臓疾患で急死した小渕首相やアインシュタインもやられた!つまり「巨大利権」を脅かす危険人物としてスケープゴートに(生贄の羊、始末)されたのかもラットを使った糖質制限食の実験で寿命が30%短くなったとありますがもともと種子(炭水化物)食のネズミに無理やり高脂肪肉食を食べさせた?ライオンやトラやゴリラでやってほしかったな。肉食獣には糖質は不要物です。糖質過多食なんか食べてたら病気で死ぬ   糖質制限するとイライラや頭がボーっとするという人はこれ糖質中毒症状反応です                                      タンパク食メインにして、ミネラル・ビタミンをとれば病気にはなりにくい!          炭水化物:タンパク質 :脂質 比率病人大量産生栄養学    6 : 1.5 : 2.5   当面の目標食    3 : 4  : 3時と場合によってはスイーツやお寿司などもOK、ご飯半分でおかずが2倍ってこと?う、うん、おおざっぱに言うとそういうこと!
ボクその方がいい!ケトン体質になると・・頭がスッキリ、体が軽く感じます
タンパク質と脂質は 何から? 肉類、卵、豆類を増やせ! 肉類 植物タンパク質は豆類(ただし植物毒があるので納豆味噌など発酵したもの) ピーナッツ、ナッツ類もいい 卵は最高のたんぱく食私?
私の糖質% たぶん25%くらい 卵・味噌汁を常食、肉は鶏肉メインに朝は食べずにアーモンドなどを間食に、フルーツを昼に1〜2個、夕食だけの1日1食。量の多少は気にせず、糖質を抑えるパン麺類はaboutゼロ、ご飯は1膳以内。砂糖は使わずココアなどにハチミツを好きなだけ。食用油(プーファ・アルデヒド)は厳禁。糖質制限を成功させてケトン体エネルギー回路をスイッチONにする 秘訣は ミトコンドリアを阻害する食用油を摂らない 1日3食はNG 一日1回は定時的な空腹
15時間以上食間を開ける ケトン体誘引にココナツオイルがいい。バターもいい。お読みくださり大変ありがとうございますThanks a Million!では良い一日をお過ごし下さいHave a lovely day!

なぜ薄毛がモテるのか

Welcome to my blog!ようこそお越しくださいましたこんな興味深い記事がありました!英動物園、サルの餌にバナナ禁止から 一部抜粋”人間の食用に甘さを強めたバナナは野生のバナナに比べて高カロリーで糖分が多い。そのため糖尿病になる恐れがあるほか虫歯の原因にもなるという。​​​​​​ 中略(バナナ禁止の)その結果、サルたちには目に見えて変化が現れた。毛皮が厚くなって状態も良くなったほか、タマリンやマーモセットといった小型のサルは攻撃性が薄れて群れが落ち着いたという。バナナを恋しがる様子は見られないと広報は話している。”バナナで虫歯になったことがあります 恥ずかしい甘いものをやめれば薄毛がなおるかなあ砂糖中毒切れの低血糖は若者のキレる原因だとか白砂糖の弊害と理想の糖類 「キレる人たちの増加との関係」糖質制限で1 糖尿病もガンも治る 2 食後眠くならない、寝起きがスッキリ3 脂肪がつきにくい、太らない4 お腹が空きにくくなる    5 頭が頭が冴える6 動脈硬化や心臓疾患にならない7 血糖がたんぱく質に取りついて作られる「終末糖化産物」AGEができない 8 肌のハリや弾力を損ねずシミシワを作りにくい9 髪質・肌質が良くなる   10 体が軽く感じる私達が 健康になることに もう迷いはない  誰にも止められませんBGMをどうぞStarship – Nothing’s Gonna Stop Us Now (Official Music Video)意見が真っ二つ正反対の「糖質制限」論争  糖質過剰が病気や肥満の原因vs低糖質は危険
今日はこの本にそってのお話です宗田哲男著「甘いもの中毒私たちを蝕む「マイルドドラッグ」の正体」 甘いもの中毒 私たちを蝕む「マイルドドラッグ」の正体 (朝日新書) 842円 Amazon 「砂糖をやめれば10歳若返る」の著者白澤卓二氏はヘロイン、覚醒剤など魔薬を          ハードドラッグマリファナやタバコ、アルコールを       ソフトドラッグ砂糖、パン、米などを           ”マイルドドラッグ”と分類していますドクター宗田は薬を使わず糖質制限食で成果を上げている妊娠糖尿病の専門産婦人科医師です。Dr.は正反対の反論に対して非常にソフトに批判・否定をされていますが私は はっきりと「糖質制限に対する反論」は 悪魔的な嘘・偽情報操作にだまされた盲目論であると断じます。飢えや寒さを耐え凌ぐため冬の食糧難に備え→糖質大量摂取し体脂肪化して蓄える冬場に少しずつ脂肪酸分解ケトン体エネルギー化する、近代化以前の体が覚えた食習慣の 必要性はもうありません肥えているより  スタイルの良い女性の方が好まれます!「バレるとお家の一大事でござるぞ」「へい、町人どもは みんな ちょろいもんです、うまくダマしましたからご安心を、お代官様」「おぬしもワルよのう」「いえいえ、お代官様ほどでは」Webで「糖質制限」を検索すると「低糖質(低炭水化物)は危険」という見出しが氾濫これ、偽プロパガンタ(他の原因で起きたかのように見せかける広報活動)(false propaganda)病気の原因が  他のものにあると見せかける偽宣伝!病人大量産生・医薬品大量販売ビジネスの戦略「低糖質に対する4つの反論」典型的な反論(糖質に制限対する偽宣伝)①「低血糖は命の危険」② 脳を動かすエネルギーは100%『糖』③ケトアシドーシス(酸性化)④筋肉量が減る以下この4つを切り捨てます反論①「低血糖は命の危険」 というウソ危険論者は糖質制限は命の危険すらあると論じる。
しかし「命に関わる低血糖」はインスリン過剰投与の薬害で起こります!糖質制限なしのインスリン治療法はインスリン過剰  の危険があり    低血糖の危険  をいつも抱えています。つまり「低血糖の危険」の正体は=糖尿病インスリン治療法の危険糖質制限を続けるとケトン体体質になり空腹時には血糖値35くらいまで下がることがあるが、脂肪酸を分解したケトン体が代わりのエネルギーになっているので気を失うようなことはありません!意識障害など「薬剤インスリン由来」の薬害「低血糖症」を糖質制限の「低糖質」を連想させるように、すり替えた偽宣伝なのです!また、砂糖の過剰摂取などによるインスリン分泌異常で、一時的に低血糖症の中毒症状になり、興奮攻撃ホルモンが分泌され キレやすくなる。糖質過多のためケトン体エネルギー回路スイッチはOFF
反論② 「脳を動かすエネルギーは100%『糖』」という嘘脳を安定して働かせられる食事とは(上) 大阪大学名誉教授・関西学院 産業医 杉田 義郎から『「脳はブドウ糖を唯一のエネルギー源にしている」ということが栄養学的に正しいのかについて解説しなくてはなりません。結論的に言うと「脳は ブドウ糖以外にも 乳酸やケトン体を   エネルギー源にしている」が正解です。むしろ、乳酸やケトン体という物質を積極的に利用しているときの方が脳は冴えているとさえいえるのです。』引用おわり
常識化した「脳の栄養は糖だけ説」は真実をネジ曲げた捏造広報ですDr.宗田は「私たちは糖質を食べる必要がない」とおっしゃっておられます一般の医師や学者先生方が異口同音に脳のエネルギーはブドウ糖だけと口をそろえるのは嘘の学術論文によって後述彼らも洗脳されているからです。
③ケトアシドーシスのウソ
ケトがついているのでケトン体が酸性(アシドーシス)の原因物質のように思われますが、糖尿病患者のように血糖値が高い人に現れます。(糖が酸性化の原因)高血糖をエネルギーに変えることができなくなるため、代わりのエネルギー源としてケトン体が緊急出動するわけです 
ケトン体がアシドーシスと無関係な証拠に標準値125~130μmol以下であるのに胎盤やつわりで食事ができない妊婦のケトン体値が3000μmolで新生児240μmolです。
これも正しくは糖尿病アシドーシスと呼ぶべきものです。
④筋肉量が減るのウソ運動なしの「食事制限」なら筋肉は落ちてきますが、糖質制限をすると脂質(カロリー2倍)とタンパク質(同カロリー)の摂取量が逆に増えるのでカロリー摂取量は変わらない。ブドウ糖はタンパク質からも作られますし(糖新生)タンパク質アミノ酸プロテインがないと筋肉作れない(笑)

エネルギー源として貯蔵できる量が 糖質はグリコーゲンの形で200-400gだけ
 たった半日しか持たない! 糖質切れしないよう1日3食を勧める 脂肪の貯蔵量は 10Kg! なんと1カ月間分のエネルギー量つまりは「食事制限カロリー制限」と「糖質制限を」混同させようとしている偽りの反論・偽宣伝は、「危険だ」などと不安や怖れをもたせるものです。
過剰摂取に害がない むしろ体に良いという反論ではない!=害が大きいことを間接的に認めている糖質離れさ
ては困る何かがある!
偽宣伝トリックを見破るにはどうするの不安を煽る「恐怖感」で、思考を停止させて、役所や、学者、マスコミという権威を盲信させることで誘導操作します!
まるで 糖質愛好仲良しクラブを脱会すれば「神の恐ろしい罰を受けますよ!」という新興宗教の脅しと同じだね!
研究学術論文自体が名前だけ借りた闇のお抱えゴーストライターの捏造論文で、メガファーマ=反社会勢力が乗っ取った巨大○薬品会社の傘下の医学誌に載せられる!(よみがえれ、若さと健康美! 隠されたカラクリ食用油の危険性に詳述)乗っ取った犯罪者マフィアの犯行の特徴はいつもステルス(隠密・こっそり行う)!!なので  一般の医師や学者の意見は当てになりません。自分で検証、実験もせず、医学誌の学術論文を考えず検証せず丸ごと 信じて 鵜呑みにしているからです。本当はこういう人たちが最初に気づくべきなのですが・・特にガンや糖尿病のお医者さん学者さんたち〜 猛反省!     
実は糖尿病には欧米のガイドラインでは第一選択薬のメトホルミンやSGLT2のような画期的な薬があるのですが、ずーっと、ながーい間 高価な医療費をキープできる、患者が悪いまま維持するインスリン療法が日本の主流です。インスリン過剰は活性酸素を異常発生させる「合併症の原因」 糖質制限阻止の目的は「インスリン」大量販売継続、利権の保護拡大のための偽プロパガンタ、偽広報活動ですよね闇の越後屋さん やっぱりね「チッ、バレたか」 勝負あった! 軍配 「糖質制限」 の勝ち〜 また医者と役人が異口同音に言う「60%炭水化物(多糖類)を取りましょう」は実は何の医学的根拠もない! 指針とされたものはマクガバンレポート(米国会上院議員調査報告書)の1977年に発表された、アメリカ人の食事による改善方法「炭水化物60%必要最適説」(結果的に最低最悪の提案)=炭水化物主食説詐欺は 医薬品大量販売のために仕掛けられた?!縄文人の食生活との比較魚や小型獣、鳥、貝類のタンパク質・脂質が 58%クルミ、ドングリなどが残り 42%を占めていました。
そのクルミの栄養素は 脂質とタンパク質が8割で 炭水化物はわずか2割。全体で糖質は1割程度!人体構成成分水を飲むのを忘れたらダメ!水分補給の重要性から ・水分:60~70%・タンパク質15~20%・脂肪:15%・ビタミン、ミネラル4%・糖質0.1~1%糖質は非必須栄養素、なくてもいい?余談糖尿病を克服し『おやじダイエット部の奇跡』などの著書があり、“糖質制限ダイエットの伝道師”として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹氏が急死していた(享年62)。死因は心不全で、滞在中のホテルのベッドで倒れていたという。心臓マヒの原因を糖質制限と結びつけようとするのは、完全に間違い。カフェインの取りすぎでも、ビタミンB群の不足でも起こる糖質やプーファの摂りすぎが心臓疾患の主な原因です。
また うがった見方をすれば闇の勢力に「ハンド」というコードネームのCIAの開発した暗殺薬でやられた可能性も否定できない。心臓疾患で急死した小渕首相やアインシュタインもやられた!つまり「巨大利権」を脅かす危険人物としてスケープゴートに(生贄の羊、始末)されたのかもラットを使った糖質制限食の実験で寿命が30%短くなったとありますがもともと種子(炭水化物)食のネズミに無理やり高脂肪肉食を食べさせた?ライオンやトラやゴリラでやってほしかったな。肉食獣には糖質は不要物です。糖質過多食なんか食べてたら病気で死ぬ   糖質制限するとイライラや頭がボーっとするという人はこれ糖質中毒症状反応です                                      タンパク食メインにして、ミネラル・ビタミンをとれば病気にはなりにくい!          炭水化物:タンパク質 :脂質 比率病人大量産生栄養学    6 : 1.5 : 2.5   当面の目標食    3 : 4  : 3時と場合によってはスイーツやお寿司などもOK、ご飯半分でおかずが2倍ってこと?う、うん、おおざっぱに言うとそういうこと!
ボクその方がいい!ケトン体質になると・・頭がスッキリ、体が軽く感じます
タンパク質と脂質は 何から? 肉類、卵、豆類を増やせ! 肉類 植物タンパク質は豆類(ただし植物毒があるので納豆味噌など発酵したもの) ピーナッツ、ナッツ類もいい 卵は最高のたんぱく食私?
私の糖質% たぶん25%くらい 卵・味噌汁を常食、肉は鶏肉メインに朝は食べずにアーモンドなどを間食に、フルーツを昼に1〜2個、夕食だけの1日1食。量の多少は気にせず、糖質を抑えるパン麺類はaboutゼロ、ご飯は1膳以内。砂糖は使わずココアなどにハチミツを好きなだけ。食用油(プーファ・アルデヒド)は厳禁。糖質制限を成功させてケトン体エネルギー回路をスイッチONにする 秘訣は ミトコンドリアを阻害する食用油を摂らない 1日3食はNG 一日1回は定時的な空腹
15時間以上食間を開ける ケトン体誘引にココナツオイルがいい。バターもいい。お読みくださり大変ありがとうございますThanks a Million!では良い一日をお過ごし下さいHave a lovely day!

無添加育毛剤イクオス

コメントは受け付けていません。