加齢臭の原因

Pocket

加齢臭は体内の脂肪酸が分解される時に生成される成分が原因です。
その成分はノネナールと言います。
この成分自体に問題があるのではなく、それが臭いとなるところが問題なのです。
それでは加齢臭の原因であるノネナールはどのような時に生成されるのでしょうか。
それは体内に溜まった脂肪酸が分解される時に生成されます。
脂肪酸の増加は動物性脂肪の過剰な摂取が一番の原因でしょう。
つまり、肉類をあまり食べ過ぎると加齢臭の原因を作ってしまうのです。
体内に脂質が多いと言うことは、コレステロールが高い人に多くなります。
また、仕事や生活の中でストレスを溜めすぎないようにしなければなりません。
ストレスは体内の活性酸素を増やします。
それが過酸化脂質、そしてノネナールの増加へとつながるのです。
このような加齢臭の原因を考えますと、加齢臭対策として特別のことをするのではなく、日常生活の中で健康に注意することが大切であることがわかります。
つまり、加齢臭対策など必要ないのです。
健康づくりを心がけることが大切なのですね。
しかし、インターネットなどで調べてみると、そのようには書かれていません。
つまり、肉を食べ過ぎてはいけないと言われても、誰もそれを守ろうとはしないのです。
メタボと指摘されているにもかかわらず、痩せる努力をする人は少ないですよね。
健康は自分で作らなければなりません。
そして、そのためには生活習慣を改めなければならないのです。
それをないがしろにしたままで、加齢臭だけを対策することはほとんど意味がありません。

無添加育毛剤イクオス

コメントは受け付けていません。