加齢臭と頭皮

Pocket

自分が年齢とともに特有の体臭を発していると考えたことがありますか。
実は人の体は年齢とともに臭いの成分が変わってくるのです。
それが加齢臭と呼ばれるものです。
加齢臭の成分はノネナールと呼ばれる物質です。
この物質の発生を抑えることによって、加齢臭対策ができるのです。
さて、体臭で気になるのはどこでしょうか。
腋や頭皮でしょうか。
頭皮は毎日シャンプーをしているのに、汗をかきますから臭いも一番するのでしょう。
頭皮の加齢臭の原因と対策を紹介しましょう。
頭皮の臭いの原因としてフケがあります。
フケの成分は頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。
新陳代謝の作用によるものです。
フケが出ること自体は問題ではありませんし、フケには臭いはありません。
しかし、フケが細菌の栄養となるために、フケで細菌が繁殖することによって臭いを発するのです。
フケと同時にかゆみの症状がある人は、フケ症と呼ばれる一種の病気です。
原因には様々なものがあり、睡眠不足、ストレス、偏食などが一般的です。
また、頭皮には皮脂腺が体の他の部分よりたくさんあります。
つまり、加齢臭の原因である脂肪酸や過酸化脂質の分泌量が多いのです。
加齢臭が発生しやすい部分が頭皮なのですね。
加齢臭を予防するためにはグッズの使用も考えなければなりませんが、日常生活を規則正しくすることも大切です。
十分な睡眠によって加齢臭を予防することもできるのです。
また、ビタミンBを多く含む食物を摂るようにするとよいでしょう。

無添加育毛剤イクオス

コメントは受け付けていません。