加齢臭と年齢

Pocket

加齢臭と言うくらいですから、年齢が高くなるにしたがって、臭いが出てくると考えられます。
それでは何歳ぐらいから加齢臭が出るのでしょうか。
人によって気になりだす年齢は違いますが、一般的には40代の後半からと考えるべきでしょう。
また、女性と男性では異なっており、女性は50代くらいと言われています。
しかし、加齢臭の発生原因は過酸化脂質の分解によるものです。
つまり、過酸化脂質が体内にどれくらいあるかによって、加齢臭の度合いが異なってくるのです。
若い人でも過酸化脂質がたくさん溜まっていれば、加齢臭が発生することになるのですね。
脂質や脂肪酸の量は食生活や日常生活の違いによって、かなり個人差があります。
直観的にわかりやすいのは太っている人が加齢臭も強くなると言うことです。
加齢臭が注目されるようになったのは、気になる臭いだからです。
もちろん、加齢臭と言う名称自体は最近になって作られた言葉です。
それまでは加齢臭とは言いませんでしたが、高齢者には臭いがあることは常識となっていたのですね。
加齢臭に個人差があると言うことは、発生する年齢を遅らせることができることになります。
つまり、加齢臭対策をすればよいのです。
加齢臭を防止するには体内に脂質を溜めないことです。
具体的には肉類を控えて、野菜や抗酸化作用のある食物を摂ることですね。
サプリメントなどによって食生活を補うこともいいでしょう。
年齢と関係なく、食生活をバランスよくすることです。

無添加育毛剤イクオス

コメントは受け付けていません。